日進市ソフトバレーボール協会 ・・
Association of Nissin City
Softvolleyball

愛知県版プロトコール

 1.試合終了後、審判担当チームはすぐ両チームのキャプテンを副審側に呼んでトスをし
   サーブ権、コートの選択権を決定し合同練習をさせる。
   合同練習は原則3分とする。
 
 2.その間に審判分担を決め、3分以内に副審側でネットの左に主審、ネットの右に副審
   が並び、3分後主審が合同練習終了の吹笛をする。
 
 3.主審は、吹笛とハンド・シグナルで両チームをエンド・ラインに整列させる。
   (キャプテンを右端にして、チーム全員が整列する。)
   同時に主・副審はネットを挟んで主審側に移動する。
 
 4.主審の吹笛とハンド・シグナルにより、両チームは、真っ直ぐ進んで正面の選手とネット
   下で握手で挨拶する。
 
 5.両チームのキャプテンは、主・副審に 「よろしく」 という気持ちで握手で挨拶する。
 
 6.副審は副審側に移動する。
 
 7.試合終了後、両チーム全員キャプテンを右端にしてエンド・ラインに整列する。
 
 8.副審は主審側に移動する。
 
 9.ネットの右に主審、ネットの左に副審が立つ。
 
10.主審の吹笛とハンド・シグナルにより、両チームは真っ直ぐ進んで正面の選手とネット
   下で握手で挨拶する。
   (人数に違いがあった場合は、握手出来ない選手が出ないよう配慮して下さい。)
11.両チームのキャプテンは、主・副審に感謝の気持ちで握手で挨拶する。
 
12.主審及び両チームのキャプテンは、記録用紙を確認の上サインをする。
 
以上を愛知県版プロトコールとします。
始めも終わりもキチッと決めて、きびきびとした気持ち良い試合を目指したいと思います。

Copyrigt(C)2011-2013 Association of Nissin City Softvolleyball All rights reserved.
inserted by FC2 system